0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

千葉県船橋市の覚醒剤使用事件 | コラム | 刑事事件の弁護士なら千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

千葉県船橋市の覚醒剤使用事件

千葉県船橋市の覚醒剤使用事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部が解説致します。

千葉県船橋市の覚せい剤使用事件

【刑事事件例】

千葉県船橋市に住むAさんは、仕事のストレスを緩和するために、自宅で、売人から購入した覚醒剤の粉末を加熱し気化させて吸引しました。
Aさんが覚醒剤を使用してから数ヶ月経ったある日の早朝、船橋東警察署の警察官がAさんの自宅を訪れ、Aさんを覚醒剤使用罪の疑いで逮捕しました。
Aさんが逮捕される様子を見ていた妻のBさんは、夫が突然逮捕されたことにより、自分が何をすればよいのか分からず困り果てていました。
(この刑事事件例はフィクションです。)

 

覚醒剤とは

覚醒剤取締法における覚醒剤とは、覚醒剤取締法第2条1号から3号のいずれかに該当する物を言います。


覚醒剤取締法第2条

この法律で覚醒剤とは、次に掲げる物をいう。

1号 フエニルアミノプロパンフエニルメチルアミノプロパン及び各その塩類
2号 前号に掲げる物と同種の覚醒作用を有する物であつて政令で指定するもの
3号 前二号に掲げる物のいずれかを含有する物


覚醒剤取締法第2条1項1号のフエニルアミノプロパンアンフェタミンの物質名であり、 また、フエニルメチルアミノプロパンメタンフェタミンの物質名です。

アンフェタミン

アンフェタミン

 

 

 

 

メタンフェタミン

メタンフェタミン

 

 

 

日本において取締りの対象となっている覚醒剤は、主にフエニルメチルアミノプロパン及びその塩類であり、その形状は白色の粉末あるいは無色透明の結晶であることが一般的です。

覚醒剤は、脳の中枢神経に興奮作用を与えます。
その結果として、覚醒剤を使用すると、眠気や疲労感が解消され、頭が冴えたような感覚になります。
それに加えて、気分の高揚や自信が増すといったような効果もあります。
しかし、そのような効果は短時間で消滅し、その後は激しい疲労感や憂鬱感、倦怠感といったものに襲われることになります。
さらに、覚醒剤を繰り返す使用するようになると、幻聴や妄想に襲われるという効果ももたらします。

 

覚醒剤使用罪とは

覚醒剤取締法第19条覚醒剤使用罪を規定し、覚醒剤を使用することを禁止しています。
これに違反すると、10年以下の懲役刑に科せられます。


覚醒剤取締法第19条 (使用の禁止)

次に掲げる場合のほかは、何人も、覚醒剤を使用してはならない。
1 覚醒剤製造業者が製造のため使用する場合
2 覚醒剤施用機関において診療に従事する医師又は覚醒剤研究者が施用する場合
3 覚醒剤研究者が研究のため使用する場合
4 覚醒剤施用機関において診療に従事する医師又は覚醒剤研究者から施用のため交付を受けた者が施用する場合
5 法令に基づいてする行為につき使用する場合

覚醒剤取締法第41条の3第1項

次の各号の一に該当する者は、10年以下の懲役に処する。

第1号 第19条(使用の禁止)の規定に違反した者

(以下、省略)


 

覚醒剤自己使用罪が成立するためには、① 法定の除外事由なく、 ② 覚醒剤 を ③ 使用 することで成立します。
このうち、② 覚醒剤については既に説明しましたので、ここでは、① 法定の除外事由がないという要件と、③ 使用の要件について簡単に説明します。

① 法定の除外事由がないとは、覚醒剤取締法第19条1号から5号までのいずれの事由にも当たらないということを意味します。
覚醒剤取締法第19条の各号には、製造、診療、研究に用いる場合や、法令に基づいて用いる場合には、覚醒剤の使用が許されるといったことが記載されています。

③ 使用とは、覚醒剤をその用法に従って用いる一切の行為をいいます。
すなわち、覚醒剤を注射、吸引、飲用などの方法によって、自己または第三者の身体に接種、投与すれば使用したということになります。

 

刑事事件例では、覚醒剤の粉末を加熱し気化させて吸引するという方法で 使用しています。
そして、Aさんは覚醒剤製造業者や覚醒剤施用期間の医師や研究者ではありません。

また、Aさんが覚醒剤を使用したのは、仕事のストレスを発散させるためなので、覚醒剤取締法第19条各号に定められた除外事由には当たらないことになるでしょう。
以上より、Aさんには覚醒剤使用罪が成立し、10年以下の懲役刑に科せられる可能性があります。

 

突然、ご家族の方が逮捕されてしまったら

刑事事件の様に、ご家族の方が急に逮捕されてしまった場合、まずは覚醒剤使用罪などの薬物事件に精通した弁護士に、弊所の初回接見サービスを依頼されることをお勧め致します。
初回接見とは、弁護士が警察署の留置場などに出張して、逮捕された方と接見(面会)をする最初の接見のことを言います。
弊所の初回接見サービスでは、弁護士が留置されているご本人様よりお話を伺った後、ご依頼者様に事件の見通しや、今後の手続の流れ、これから予定されているであろう取り調べの対応について、アドバイスすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部には薬物事件に精通した弁護士が在籍しています。
千葉県船橋市で、ご家族の方が覚醒剤自己使用罪の疑いで逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部までご相談ください。

初回接見サービスのお申込みや、フリーダイヤル 0120-631-881 にて、24時間・早朝・深夜・土日祝日問わず受付中です。

ご家族が逮捕されてしまった方は、早急に【お電話】下さい。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

千葉支部へのアクセス

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル2階
TEL:0120-631-881

千葉支部の弁護士紹介

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

千葉支部 支部長 弁護士
大谷 悠

Top