0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

盗撮,のぞき行為 | 刑事事件の弁護士なら千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

盗撮,のぞき行為

弁護士が本人に代わって被害者と示談するなどの弁護活動を行うことで,有利な処分を獲得する可能性が高くなります。

第1 盗撮,のぞき行為

「勤務先の更衣室に侵入し、従業員の着替えをのぞいてしまった」
「エスカレーターに乗っているときに、前に立っていた女子高校生のスカートの中をスマートフォンで撮影した」

一時的な性的欲求を我慢できずに、上記のような行為を行ってしまった場合、 どのような犯罪が成立するのでしょうか。

上記のような盗撮、のぞき行為は都道府県の制定する迷惑防止条例、軽犯罪法により罰せられる可能性があります。

示談をしたいけど相手方と連絡が取れない場合はどうすればいいの?
条例違反と軽犯罪法の違いって何?
逮捕された場合,どうすればいいの?

ここでは盗撮、のぞき行為はどのような場合に罰せられるのか、前科が付くのを避けるためにはどうすればいいのかを解説します。

第2 盗撮、のぞき行為とは

盗撮,のぞき行為は各都道府県の制定する迷惑防止条例や軽犯罪法で禁止されており,違反した場合には,懲役刑や罰金刑に処されるおそれがあります。

「盗撮」とは,明確な定義が存在しませんが,一般的にはカメラやスマートフォンなどの電子機器を利用して写真を撮ったり,ビデオを撮影したりすることです。

「のぞき」とは物陰や隙間などからこっそりみることをいいます。

第3 迷惑行為防止条例違反に該当する場合

各都道府県の迷惑行為防止条例では,駅,公共交通機関内,公園やデパートなどの不特定多数の人が出入りできる「公共の場所」で,正当な理由がなく,人に不安を覚えさせるような方法で,衣服等で覆われている人の身体又は下着をのぞき見し,又は撮影することなどを禁止しています。

盗撮,のぞき行為は,各都道府県によって多少違いはありますが,基本的に禁止されています。

迷惑行為防止条例違反の場合,各都道府県によって,刑の重さは異なります。 大阪府では,盗撮,覗き行為を行った場合,2年以下の懲役または100万円以下の罰金に処するとされています。

第4 軽犯罪法違反に該当する場合

軽犯罪法第1条23号により,「正当な理由がなくて人の住居,浴場,更衣室,便所その他人が通常衣服を付けないでいるような場所をひそかにのぞきみた者」にあたる場合, 拘留しまたは科料に処するとされています。

「その他人が通常衣服を付けないでいるような場所」とは,病院の診察室,処置室,ホテルの部屋などが挙げられます。

「場所」とは,「場所の内部」を指すことから,階段を上っている女性のスカートの中を階段下から除く行為は軽犯罪法違反にはなりません。

第5 各犯罪との関係

・住居侵入罪との関係

のぞき行為のために他人の家の敷地に侵入した場合には,牽連犯となります。牽連犯とは1つの犯罪目的を達成させるために2つ以上の犯罪行為を行うことです。牽連犯になる場合には,重いほうの刑のみが適用されます。

・軽犯罪法と迷惑行為防止条例違反の関係

のぞき行為が軽犯罪法と迷惑行為防止条例のどちらにも該当する場合には,両罪が成立する観念的競合の関係に立ち,重いほうの刑のみが適用されます。

第6 身柄拘束されてしまった場合

盗撮,のぞき行為により突然逮捕,勾留され身柄を拘束される場合があります。身柄拘束が長期化した場合,その間学校や仕事には当然行くことができなくなるので,日常生活に多大な影響を及ぼすことになります。

日常生活を取り戻すためにも少しでも早く身柄を解放される必要がありますので,そのためには弁護による保釈等の不服申し立てを行うことが有用です。

起訴される前の準抗告という不服申し立てには費用は掛かりませんが,起訴後の保釈請求という不服申し立てをした場合には,保釈保証金という費用が必要になります。このことから,出来るだけ早く弁護士が対応していくことが重要になります。刑事事件専門弁護士であれば,より豊富な経験と知識をもとに早期の身柄解放活動を行うことができます。

第7 盗撮、のぞき行為をしてしまったら

・すぐに弁護士に連絡する

少しでも早く弁護士に相談することが重要です。逮捕されている場合には,すぐに接 見にいき,事情を聞いたうえで取り調べにどのように対応すべきかをアドバイスしま す。そして,早期の身柄解放のための活動にすぐに取り掛かります。

・被害者と示談を行う

盗撮,のぞき事件の被害者に対し,誠心誠意謝罪し,慰謝料を払うことで示談をしてもらえるように働きかけることが必要になります。盗撮,のぞき事件などの性犯罪の場合,被害者は加害者に対し恐怖を感じており,関わりたくないと思っている方がほとんどなので,当事者同士で示談交渉を行うことは難しいと考えてください。

そこで,弁護士が捜査機関から被害者の連絡先を教えてもらい,加害者の代理として示談交渉を行うことで,被害者のほうも落ち着いて示談についての話を聞くことが出来,その結果,示談が成立する可能性が高くなります。

示談が成立した場合,早期の身柄解放,より有利な処分に繋がる可能性が高くなります。

第8 否認する場合

自分は盗撮,のぞき行為などしていないとして犯罪成立を争う場合,まず捜査機関の取調べにおいて不利益な書面を作成されないようにすることが重要になります。取り調べにおいてどのような対応をすべきなのか,取り調べを受けるにあたりどのような権利があるのかを事前に弁護士から聞いておくことで,不利益な書面が作成されることを防ぐことができます。また弁護士が直接本人から事件のことに関する供述を正確に聞き取り,それを書面として証拠化することも可能です。

そして本人の言い分をもとにその言い分を裏付ける有利な証拠を収集します。

第9 前科を避けるためには

「盗撮、のぞき事件で前科を避けたい」なら,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。

刑事事件を専門に取り扱う弁護士が,直接「無料相談」を行います。 万が一,被疑者が逮捕された事件の場合,最短当日に,弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しています。

盗撮、のぞき事件を数多く円満解決してきた実績をもとに,あなたやあなたのご家族に前科を避けられよう全力でサポートします。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

    まだ記事はありません。

千葉支部へのアクセス

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル2階
TEL:0120-631-881

千葉支部の弁護士紹介

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

千葉支部 支部長 弁護士
小杉 寛隆

Top