0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

千葉県大多喜町で強制わいせつ事件 わいせつ行為を規制する法令とは | コラム | 刑事事件の弁護士なら千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

千葉県大多喜町で強制わいせつ事件 わいせつ行為を規制する法令とは

千葉県大多喜町の強制わいせつ事件を例に、わいせつ行為をした場合に適用される法律について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部が解説します。

 

<千葉県大多喜町の強制わいせつ事件>

男性会社員Aさんは、千葉県大多喜町内で、前を歩いていた女性会社員Vさんにわいせつ行為をする目的で、Vさんを後ろから羽交い絞めにし、身動きが取れないようにしたうえで、Vさんの服のなかに手を入れ、直接胸を揉みました。
しかし、行為の途中で、通行人から「何をしているんだ」と怒鳴り付けられ、慌てたAさんはその場から逃走しました。
その後、Aさんは千葉県勝浦警察署に強制わいせつ罪の疑いで逮捕されました。
(フィクションです)

<強制わいせつ罪について>

強制わいせつ罪は、刑法第176条において、13歳以上の者に対し暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6カ月以上10年以下の懲役に処すると規定されています。
強制わいせつ罪の刑罰には罰金刑が予定されていないため、起訴された場合は無罪か執行猶予を得ない限り、刑務所で服役することになります。
強制わいせつ罪でいうところの「強制」とは、相手の抵抗を抑圧する程度の暴行や脅迫を用いて、相手の同意なしにわいせつな行為に及ぶこと意味しています。
ちなみに被害者が13歳未満の場合、こうった暴行や脅迫がなく、被害者の同意があったとしても、わいせつな行為に及ぶと「強制わいせつ罪」に抵触します。

上記のAさんは、Vさんを羽交い絞めにし、身動きが取れない状態でわいせつ行為に及んでいます。
被害者の抵抗を抑圧する程度の暴行を用いていることは明らかなので、Aさんの行為は、強制わいせつ罪に該当するでしょう。

<強制わいせつ罪に類似する罪>

強制わいせつ罪でいうところの、「わいせつな行為」に該当する可能性のある行為としては、キスをする、服を脱がす、胸を揉む、陰部を触る、服の中に手を入れるなどが挙げられますが、こういった行為が全て強制わいせつ罪に抵触するわけではありません。
犯行の内容によっては、強制わいせつ罪以外の罪が成立する可能性があるので、ここではそういった3つの罪を紹介します。

一つは、準強制わいせつ罪です。

準強制わいせつとは、刑法第178条第1項において、人を精神喪失状態または拒絶不能状態にして、わいせつな行為に及ぶことと規定しています。
例えば、被害者を酒で酔わせる、睡眠薬で眠らせるなどの方法によって抵抗できない状態にして、わいせつな行為が行われた場合に成立します。
準強制わいせつ罪に違反した場合の刑罰は、強制わいせつ罪と同様に、6カ月以上10年以下の懲役が科されることになります。

次に、強制性交等罪についてです。

強制性交等罪は、刑法第177条において、13歳以上の者に対し暴行または脅迫を用いて、性交等をした者は、5年以上の有期懲役に処すると規定されています。
強制性交等罪は平成29年に法改正され、処罰行為の範囲が拡大されました。
強制性交等罪に該当する行為について、改正前は“女子を姦淫する行為”と規定されていました。
しかし改正後は、性別による限定が取り払われ、なおかつ肛門や口腔内に他人の性器を挿入する行為も処罰の対象となりました。
そして、刑罰に関しても、法定刑の下限が懲役3年から懲役5年へと引き上げられました。

最後に、迷惑防止条例違反についてです。

千葉県迷惑防止条例の第3条の2第2号では、公共の場所や公共の乗物において、人の胸や臀部、陰部もしくは大腿部その他の身体の一部を、直接または衣服の上から触れることを禁止しています。
このように痴漢行為は、各都道府県の迷惑防止条例が適用されますが、その犯行態様によっては、強制わいせつ罪が適用されることがあるので注意が必要です。
なお、痴漢行為に千葉県迷惑防止条例違反が適用された場合、6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。

<強制わいせつ事件に強い弁護士>

強制わいせつ罪のように、被害者のいる刑事事件において、不起訴処分を獲得するためには、被害者の方と示談を成立させることがとても重要です。
検察庁の発表によると、令和元年の強制わいせつ被疑事件での起訴率は34%だったようです。
刑法犯全体での起訴率が21%であることと比較すると、強制わいせつ罪はやや高い水準で公判請求されているようです。
(検察統計『被疑事件の罪名別起訴人員,不起訴人員及び起訴率の累年比較 2019年』)

強制わいせつ事件で不起訴処分を獲得するために、刑事事件を専門とする弁護士を依頼することを強くお勧めいたします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部では、過去の強制わいせつ事件において、多くの示談を成立させ、不起訴処分を獲得して参りました。

千葉県大多喜町で強制わいせつ事件を起こし、取り調べを受けている方や、ご家族が逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部の無料の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
強制わいせつ事件に関する無料相談は24時間フリーダイヤル0120-631-881で承っております。お気軽にご連絡下さい。

 

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

千葉支部へのアクセス

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル2階
TEL:0120-631-881

千葉支部の弁護士紹介

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

千葉支部 支部長 弁護士
大谷 悠

Top