0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

千葉県富津市の交通事故 アルコール等影響発覚免脱とは | コラム | 刑事事件の弁護士なら千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

千葉県富津市の交通事故 アルコール等影響発覚免脱とは

千葉県富津市で起きた過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱事件について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部が解説致します。

<千葉県富津市の飲酒運転による交通事故>

男性会社員Aさんは、ある晩、自宅で晩酌をしていたとき、仕事帰りの奥さんから「雨が降ってきたので、駅まで迎えに来てほしい。」と連絡を受けました。
Aさんは缶ビールを2缶飲んでいましたが、車の運転は出来るだろうと思い、車で駅に向かいました。
その道中、Aさんは横断歩道にいた歩行者Vさんに気付かず、Vさんを車で轢いてしまいました。
AさんはVさんが転倒し、怪我をしていることに気付きましたが、飲酒運転の発覚を恐れ、Vさんを救護せず、その場を走り去りました。
さらにAさんは、途中で購入したペットボトルの水を何本も飲み、体内のアルコール濃度を減らそうとしました。
しかし、目撃者がAさんの犯行を警察に通報し、千葉県富津警察署の警察官が周辺を捜索したところ、車内で水を飲んでいるAさんが発見され、Aさんはひき逃げと過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱罪の疑いで現行犯逮捕されました。
(フィクションです。)

<過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱罪>

自動車運転死傷処罰法第4条において「アルコール又は薬物の影響によりその走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で自動車を運転した者が、運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた場合において、その運転の時のアルコール又は薬物の影響の有無又は程度が発覚することを免れる目的で、更にアルコール又は薬物を摂取すること、その場を離れて身体に保有するアルコール又は薬物の濃度を減少させることその他その影響の有無又は程度が発覚することを免れるべき行為をしたときは、12年以下の懲役に処する。」と、過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱罪とその罰則が規定されています。
ここでいう「走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」とは、自動車を運転するのに必要な注意力、判断能力又は操作能力が、そうでないときの状態に比べて減退し、危険性のある状態のほか、そのような危険性のある状態になり得るおそれがある状態の両者を含みます。
アルコールの影響による場合は、道路交通法の酒気帯び運転罪に該当する程度のアルコールを身体に保有している状態であれば、「走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」にあたります。
しかし、酒気帯び運転罪に該当しないアルコール量を保有しているにとどまる場合であったとしても、自動車を運転するのに必要な注意力等が減退し、危険性のある状態であれば、「正常な運転に支障が生じるおそれがある状態」に該当するため、注意が必要です。

<ひき逃げもした場合は併合罪に>

上記のAさんのように、交通事故を起こした後、被害者を救護せず、その場から逃走した場合は、道路交通法違反である「ひき逃げ」の罪も成立します。
その場合、過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪と道路交通法違反の併合罪となります。
併合罪の場合、懲役刑であればもっとも重いものの1.5倍の刑になるため、18年以下の懲役刑に処せられることになります。

<過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱の起訴率>

2019年の検察庁の発表によると、過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱罪で検挙された被疑者の約74%が起訴されたようです。
この結果から、過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱罪は、かなり高い割合で公判請求される犯罪であることがわかります。
(検察統計調査『2019年 自動車による過失致死傷等被疑事件の受理,既済及び未済の人員』)

<交通事件に強い弁護士>

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部では、過去に多くの交通事件を取り扱って参りました。
もし、あなた自身が自動車運転死傷処罰法違反や道路交通法違反をし、警察から取り調べを受けている場合や、ご家族が逮捕されてしまった場合は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部の無料相談もしくは初回接見サービスをご利用下さい。
交通事件のご相談は、0120-631-881にて24時間年中無休で承っております。
お気軽にご連絡下さい。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

千葉支部へのアクセス

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル2階
TEL:0120-631-881

千葉支部の弁護士紹介

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

千葉支部 支部長 弁護士
大谷 悠

Top