0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

千葉県東金市の威力業務妨害事件で逮捕 被害者との示談に強い弁護士  | コラム | 刑事事件の弁護士ならあいち刑事事件総合法律事務所 堺支部

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

千葉県東金市の威力業務妨害事件で逮捕 被害者との示談に強い弁護士 

威力業務妨害罪で逮捕された方の弁護活動における、被害者との示談について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部が解説します。

<刑事事件例>
千葉県東金市の飲食店で、Aさんは入店の際に従業員の方からマスクの着用を促されました。しかしAさんは「マスクはしない。マスクを強要するならこの店を営業できないようにするぞ」と従業員を脅迫し、お店の営業を妨害しました。トラブルに気付いた他の従業員が警察に通報したことから、Aさんは千葉県警東金署の警察官により、威力業務妨害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
(千葉県内で実際に起こった事件を参考にしたフィクションです。)

威力業務妨害罪について

威力業務妨害罪は刑法第234条において、「威力を用いて人の業務を妨害した場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する」と規定されている法律(犯罪)です。

“威力”とは人の意思を制圧するような勢力であると定義されています。
上記の刑事事件例のように、営業中の店内において、従業員に対して大声で脅迫するような行為も、威力業務妨害罪でいうところの“威力”に該当すると考えられます。このような妨害行為によって、実際にお店の営業が妨害ざれた場合は、威力業務妨害罪が成立するでしょう。
こういった業務妨害の他にも、企業や施設に対し「爆弾を仕掛けた」などと電話をかけ、業務遂行を妨げるような犯行予告行為も、威力業務妨害罪に当たる可能性が高いでしょう。
検察庁の統計データによると、2019年に威力業務妨害罪の被疑事実で検察庁が受理し
た人員は511人で、そのうち176人が起訴されたようです。(『e-Stat統計で見る日本 検察統計調査』より)

2020年は、新型コロナウイルスの影響もあり、マスクの着用を義務付ける公共交通機関や飲食店などが増えてきました。しかし、そのことが原因となるトラブルも多く発生しているようで、従業員等とのトラブルにより、警察に逮捕されたり、中には起訴された方もいるようです。

威力業務妨害罪の刑事弁護活動(被害者と示談)

威力業務妨害罪で逮捕された方の不起訴を望むのであれば、被害者等の示談を締結することが最も有効的な弁護活動となります。
飲食店の従業員を脅迫し、お店の営業を妨害したような威力業務妨害事件の場合は、その店舗の管理者等に対して謝罪を尽くし、被害弁償をするなどして、示談締結を目指す弁護活動を進めることが重要です。
示談を締結することができれば、不起訴の可能性は非常に高くなります。

弁護士法人あいち刑事事件法律事務所千葉支部は、威力業務妨害罪をはじめとする様々な刑事事件を専門とする事務所です。
過去に多くの刑事事件において、被害者の方との示談を成立させ、不起訴を獲得した実績がございます。
威力業務妨害事件で被害者との示談締結や、不起訴の獲得を希望される方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部にご相談ください。

威力業務妨害事件の被害者との示談に強い弁護士

千葉県東金市で、威力業務妨害罪で逮捕されるかもしれないと心配されている方や、家族が逮捕されてお困りの方、また被害者との示談に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所千葉支部の無料相談や、初回接見サービスをご利用下さい。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

千葉支部へのアクセス

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル2階
TEL:0120-631-881

千葉支部の弁護士紹介

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

千葉支部 支部長 弁護士
大谷 悠

Top