0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

MENU

裁判員裁判 | 刑事事件の弁護士なら千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

0120631881 ムザイ ハヤイ 通話無料 即日対応/年中無休/24時間無料相談受付
メールでのお問合わせ

裁判員裁判

第1 裁判員裁判

「裁判員裁判制度が始まったけど、実際どういう制度なのだろう」
「どんな事件の場合に、裁判員裁判が行われるのだろうか」
「裁判員裁判事件では弁護士はどのような活動を行ってくれるのだろうか」

裁判員裁判制度が始まりましたが、このような疑問を抱いている人は多くいらっしゃると思います。

自分の事件は裁判員裁判対象事件なのだろうか?
裁判員では他の裁判に比べてより専門性のある弁護士にお願いすべきなのだろうか?

裁判員裁判に関して疑問や不安を抱いている方々の疑問や不安を解消できるように 裁判員裁判の制度や仕組み,裁判員裁判における弁護人の役割について解説していきます。

第2 裁判員裁判制度とは

制度とは、一般市民から選ばれた6人が裁判官3人と一緒に刑事事件の判決を決定していく制度の事をいいます。

第3 なぜこのような制度が成立したのか

・一般市民に裁判の判決の判断にあたって、参加し一緒に協力してもらうことで、一般市民に司法を身近に感じてもらい、理解してもらうため

・一般市民と一緒に判決を決定することで、判決に一般市民が持つ一般的な感覚や日常的な感覚を反映することができるため

・刑事司法に対する一般市民の信頼を確保するため


と言われています。

第4 裁判員裁判対象事件とは

全ての刑事事件が裁判員裁判事件の対象となるわけではありません。

裁判員裁判制度の対象となる事件は法定刑に死刑または無期懲役を含む事件、及び裁判官の合議体で審判すべきものと法律で決められている事件のうち故意の犯罪行為で人を死亡させた事件です。 基本的に国民の関心が高い重大犯罪が対象とされており、具体的には殺人罪、強盗致傷罪、傷害致死罪、現住建造物等放火罪などがあげられます。

第5 裁判員裁判の手続きの特徴

(1)公判前整理手続に付される

裁判員として国民が関与することになることから,審理を集中的に短期間で計画的に行う必要があります。このことから,裁判所は裁判員裁判対象事件については,第1回公判期日前に公判前整理手続きに付されなければなりません。

公判前整理手続きとは第1回公判期日前に今回の裁判における事件の争点及び証拠をあらかじめ整理し,裁判所が明確な審理計画を立てることが予想されています。

(2)連日的開廷による集中審理

裁判員裁判事件は冒頭手続きから最終弁論まで,集中的に審理を行うために連日裁判を行うことが予定されています。

第6 裁判員裁判における刑事弁護活動

公判前整理手続における弁護士の役割

弁護士は被告人により有利な判決を獲得するために証拠を収集する必要があります。そのため,弁護士は公判前整理手続の段階で,検察官に対して証拠開示請求を行い,裁判所に対しても証拠開示の裁定請求を行うことにより,捜査機関が所持している証拠を開示させることができます。

裁判員選定手続きにおける弁護士の役割

裁判員裁判においては裁判員一人一人の存在がとても重要になってきます。このことから,被告人に対して個人的な恨みを持っている人,犯罪行為につき極端な思想を持っている人などが選ばれた場合,公平な裁判がなされない可能性が生じます。

このことから,弁護士は裁判員候補者のくじによる選定に立ちあうこと,裁判所が作成する質問票の内容を確認したうえで,事案に応じて質問の修正または必要な質問の追加等を求めることや裁判員となることができない事由がある者や不公平な裁判をするおそれがある者について,理由を示して不選任決定の請求をするなどの公平な裁判が行われるために必要な行為をすることができます。

裁判員裁判における弁護士の役割の重要性

裁判員裁判においては,一般市民である裁判員をいかに納得させることができるかが被告人にとって有利な判決を得るために必要なことです。

裁判員裁判は従来の裁判のように,裁判終了後に裁判の記録を読み込んでどのような判決にするかを考えるものではなく,裁判の中で見聞きした内容に基づき,今回の事件ではいかなる判決が妥当なのかを考えることになります。

そのため通常の裁判とは異なり,難しい法律用語は使用せず裁判員に分かりやすい言葉で端的に伝え,ときには裁判員との意思疎通を図るために,法廷における弁護人の立ち位置を変えてみたり,ジェスチャーや図を用いて説明するなど様々な工夫をした弁護技術を用いることにより裁判員を納得させる必要があります。

第7 裁判員裁判でお悩みの方へ

裁判員裁判で有利な結果を得たいと考えている方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所へご相談ください。

刑事事件を専門に取り扱う弁護士が,豊富な経験と知識をもとに全力でサポートいたします。

あらゆる刑事事件に精通しています!

  • 脅迫・暴行罪

    脅迫・暴行罪

  • オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺

MENU

解決事例

   

お客様の声

弁護士コラム

ピックアップコラム

    まだ記事はありません。

千葉支部へのアクセス

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル2階
TEL:0120-631-881

千葉支部の弁護士紹介

千葉の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

刑事事件・少年事件に特化した弁護士と専門スタッフの刑事弁護チームによる親身かつ全力のサポートで、事件の当事者の方やご家族の方と一緒に事件解決を目指してまいります

千葉支部 支部長 弁護士
小杉 寛隆

Top